スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

説明書を読んでみた(XXX4G+編)その2



↑12ターンのWって、どんなだろう?2駆用にドイツ製を買ってみました。エポキシバランスでした!

XXX4G+の続きです。前回のFINAL CHECK LISTの続きを。




4)キャンバーの調整
フロントの左右、両方とも、1度のネガティブキャンバー(車体の中心へタイヤのトップが傾いている状態)に、リアの左右、両方も、1度のネガティブキャンバーにします。フロントの両側、およびリアの両側は、厳密に同じ角度になるように調整します。あなたに近い方のリアエンド、またはフロントエンドの左右を、キットに付属のレンチを使ってタイロッドの調整をします。レンチの上部を車体の中心に向かって倒すと、タイロッドは短くなり、逆方向だと、長くなります。

5)フロントのトーイン調整
送信機のステアリングがまっすぐの時に、両方のフロントタイヤがまっすぐに向くようにフロントのタイロッドを調整します。最初はトーインがゼロの状態(トーインでも、トーアウトでも無い状態)から始めることをおすすめします。

6)バッテリーの充電
車載のメカ類(アンプ、サーボなど)を調整するために、バッテリーのメーカー、または充電器のメーカーの指示に従ってバッテリーを充電します。アンプ(スピードコントローラー)の逆接に注意してください。

7)アンプ(スピードコントローラー)の調整
アンプのメーカーの指示に従って、アンプの調整をして下さい。その際、スロットルトリガーに触れない状況でクルマが自然に前に進まないように(クリープ現象が出ないように)スロットルのトリムを調整して下さい。また、トリガーまたはスティックがニュートラル(触れていない状態)の時に、あまりに強力なブレーキがかからないようになっていることを確認してください。アンプのなかには、スロットルにハイ/ローのセッティングもあります。(どこのメーカーのアンプのことを言っているのかわかりませんが、書いてあるので掲載しました。注意して欲しいんでしょうね、とにかく。)

8)送信機のステアリング・トリムの調整
送信機のステアリング・トリムのつまみは、送信機のステアリング・ホイールまたはスティックに触れていない状態でまっすぐに走るように調整してください。サーボが正しく搭載されていれば、作業工程31Aおよび31Bのとおり、タイヤは左右に等しく切れる(作動する)ようになっているはずです。もしそうなっていない場合は、作業工程31Bを参照して、ステアリングサーボとロッド(図34と35)が正しく取り付けられているか確認をして下さい。
スロットルトリムがニュートラルの時に、モーターが回らないように調整されていることを確認してください。あなたは安全のために、トリムをワンクリックだけブレーキ側に戻したいと思っているかもしれませんが。





今日は、FINAL CHECK LIST の残りを全部やってみました。後半はやたらとアンプの調整について書いていますね。これは、何でなんでしょうね?確かに、スロットルに対して敏感に反応するタイプのシャーシだと思うので、例えばジャンプの姿勢制御などが困難になることが予想されるために、このような設定を勧めているのかもしれませんね・・・。実際、そういうクルマだとは思うのですが。(^ ^;)私も苦労しています。下手だから余計に!

次回は、また2駆の内容に戻ります。早くしないと、CRが出てしまいそうですから?!ん?!ってことは、CRを待っておいて、BK2は、やめておこうかな?LOSIが説明書だけでも先に出してくれたら、読むのになぁ。

では、また次回!今週も頑張りましょうね~!
スポンサーサイト

説明書を読んでみた(XXX4G+編)その1



↑Painted by UB DesignWerx です♪

XXX-BK2の説明書が半ばですが、XXX4G+も読んでみたので、今回はこちらを。こっちも、なかなか面白い内容になってましたよ!

まずは、説明書後半のFINAL CHECK LISTから、読んでみました。




■最終確認リスト■
あなたのXXX4グラファイトプラス・バギーを最初に走らせる前に、以下の確認リストに従って順番にリストの内容を実施して下さい。完成したXXX4グラファイトプラス・バギー持って外に出てすぐに走らせてみたいのは良くわかりますが、以下の簡単な確認リストはあなたの初走行をさらに楽しめるように手助けしてくれますよ。

1)デフのブレイクインと調整
クルマの左側を地面にしっかりとつけて、1/8だけスロットルを10秒間入れます。この間、右側のタイヤは自由に回ります。これを、今度は右側を下にして左側が自由に回るように、地面につけて、同じように10秒間回します。デフの動きを確認して、必要であれば少しビスを締めてきつくします。デフは厚い感じがするはずです。(The diff should have thick feel.←ニュアンスで理解するしかないのか・・・私にはこれが限界です(^ ^;))

2)サスペンションの動きを確認
すべてのサスペンションアームは、自由に動かなければなりません。どんなひっかかりも、貧粗なステアリング(poor steering)の原因になります(←直訳すぎますね・・・お許しを!)。ステアリングもまた、極めて自由に動かなければなりません。
→よく言われることですが、いわゆるダンパーを外した状態でアームがスルンスルンでないとだめ、ってことですよね。とても大切なんですね。

3)車高の調整
リアアームは水平になるように、車高を合わせます。フロントアームは、リアよりも少し下がるように調整します。





どうですか!見事に普通にいいことが書いてありますね!具体的で、とても役立ちます。いままで、何となく、で車高を決めていましたから。これからは、これを基準にセットしていきます。
このあと、項目は8番まで続きますが、しんどいので、この辺で。すみません。

では、また次回。良い週末を♪

フタバ3PKインプレッション



↑これは、もう使いません・・・

■意外な欠点?!
3PKスーパーに変えてから、加西で数回使いました。その中で少しずつですが、感じたことを書いてみます。

1)重さ
加西では、フタバユーザーは極めて少数派です。1位はなんと言ってもサンワです。M8とM11です。確かにいいプロポなので、メジャーなのも頷けます。そんななか、いち早く3PKを使っていた、ぶー○ゃんに「前の3PJが軽すぎた」というコメントを良く聞いていましたが、私もそれを実感することとなりました。本当に、3PKが重く感じてます。特に、写真のニッケル水素を入れたときは、5分がしんどい時もありました。正直、リポが欲しくなりました・・。3PJ→3PKに移行したフタバユーザーは、きっと同じ感覚を抱いていることでしょう・・・。ちなみに、バッテリーケースも含めてKとJは完全互換なので、Kのニッカドバッテリーを使用した2本体勢にして使っています。しかし、バッテリーの「持ち」に不安が・・・。

2)持ち
バッテリーの持ち、です。デカイ画面が影響しているのか、バックライトの消費電力が大きいのか、明らかに3PKは3PJよりも持ちが悪い。2戦連続、プロポのバッテリー切れで最終ラップにリタイアした私は学習能力がなさ過ぎですが、間違いなく3PJなら「持っていた」感覚です。変なイイワケですね・・・反省。
最近は、セットに付いている充電器(アダプタータイプね)をピットに常駐させ、走らさない時(OFF時)は充電しています。これが、けっこう効果あります。バッテリーには良く無さそうですが、この方法で行けば、一日中、1本のバッテリーで遊べますよ。レース時には、保険でもう一本あれば、大丈夫ではないか、と。対策になってるかな?

そんな感じですが、やっぱり最新プロポはいいですね。使いこなせないほどの機能が満載ですが、あせらず、少しずつ試していこうと思っています。本当に、いいオモチャですね・・・。

また、気づいたらこのテーマで書きます。次回は、もう少し機能的な詳細を。では、今週もあと少し。がんばりましょう♪では、また次回☆

公園デビュー?!



↑見事にデビューを果たしました。前走は、何年か前の「あひる春の陣」だったかな・・

■子供とラジコン
親がこんなだからなのか、子供がラジコンに興味をもってしまいました。決して「し向けた」訳ではなく、勝手にそうなってしまうから、コワイですね。私としては、全くの無関心でいてくれたら、あれやこれやとヒヤヒヤしなくて済むのですが。触りたがるんですよね、ロッシとかを・・・。
そうは言っても、少しはやらせてあげたくなって、いそいそと用意しました。子供用。といっても、私も久々に走らせたくなった、というのもありますけど。

■少しバージョンアップ
基本的に純正ノーマルのそのままですが、随所に改造を・・・。まずは、車高を確保するために、リアには京商の75番(だったと思う・・・黄色のカットしたもの。ダイナ用)をいれました。これで、適度な固さが確保できました。以前は、車高の低さなんて気にしなかったから、弱いバネで走っていましたね・・・。前は変更ナシ。リアのタイヤは、スパイヤースパイクにホールショットのインナーを入れ、ホイールには穴を開けました。コンパウンドが固いですが、それなりにいい感じに。公園路面でピンが喰いそうです。
メカはサンワのAM27MHzで、バトルファイターに1301サーボ。なんて昔のビギナーなセット!モーターはジョンソンの540です。まるでタミグラ仕様(一部社外品ですけど)ですが、子供と遊ぶには十分です。380でもいいくらいですからね。こんな感じで、早速、公園へ行きました!

■ナツカシイ走り・・・
すっげー公園路面。砂利、小石、カチカチ路面。まさに公園。滑り台もありますし。
走らせてみると、やはりフロントが逃げまくる強いアンダー傾向。しかし、フルスロットルでもスピンしません。子供にはいい感じです。しっかりと減速すれば、もちろん、それなりには曲がりますが、ハッキリ言って止まるほど減速しないといけません。が、子供にはちょうどいい感じです。なにやら、マジメな顔でコントロールしていました。喜んでいたので、これはこれでよかったな、と思いましたよ。バックもできて最高!バトルファイター!

■思い出します・・・
このクルマは私がなんと大学生の時に買ったものですから、すごく昔のクルマです。でも、スペアパーツも割とあって、子供が壊しても大丈夫です。今から10年以上も前のクルマですが、今でも遊べるなんて・・・なんて物持ちがいいんでしょ。当時は、みんなで公園に集まっては走行会をしていました。ワンメイクレースで、楽しかったです。KBCUにも、出ましたよ、このクルマで。コワイもの知らずですね(^-^)/・・当時はEPもやってましたね。ナツカシイ!

性能では、明らかにデザゲ・シャーシの方が上ですが、古き良きタミヤな味が残ってます。シャーシなんて、手でねじれば、しなりますからね~。壊れませんよ、なかなか。子供には最適ですね。限りなくトイラジですね。結局、この日は2400を1バッテラで終了。デコボコ道を激走して、満喫です。
でも自分としては、加西で思いっきり走らせたいな~、やっぱり(^ ^:)

今週も忙しい毎日ですが、頑張っていきましょう!今週末は雨ですね。その次の日曜日あたりが行けそうかな?>加西。

では、また次回!

XXX4について



↑加西公式第2戦でのXXX4

■意外とよく走りました
今や、LOSIはXX4を再販し、世界戦でもチームLOSIでさえ使用していないXXX4は、総じてその評価が下がる一方ですが、最近、私はそんな流れに反して、少し楽しくなってきました・・・。というのも、なんとなく、クセが解ってきたというか、例えば直線でギャップを拾って全開に近い状態で前転、ひっくり返るという「ありえない」症状も、それなりに克服することができるようになってきたというか・・・。もちろん、私のレベルでの話ですので、Aメインの方々からすれば、「フン!」ってレベルなんでしょうけどね。
(^ ^;)----
ヨコモのBXとか、タミヤのハイエンド4WDとか、魅力的なクルマに心惹かれますが、まだしばらくは、XXX4でいこうか、と。部品もたくさんあるし。ワンウェイはないけど。買い換えないといけない状況ですが、高いからなぁ・・・買いますが。

■ダンパーの取り付け位置
今回のいい感じで走ることができた理由は、ダンパーの取り付け位置でした。後ろを寝かせ気味(上:内、下:内)、前を立て気味(上:中、下:内)にしたところ、突然、素直な感じに。さらに、バッテリーを後ろにしたところ、ギャップに対して強くなり、変に乱されることなく走り抜けることが出来るようになりました。前積みに比べて、進入で少しアンダー気味なのは解消できていませんが、総じてバランスが良くなってきた気がします。

■次回もガンバリマス
ついに、前回の加西では”唯一の”XXX4になってしまいましたが、引き続き自分のレースを楽しめるように頑張っていきます。まずは、トラブルを解消して、リタイアを減らさなければ・・・。V2エンドベルと、ワンウェイ、ヨコモのカップ、フロントのボーンを調達しないと。いっぱいあるな。

梅雨の真っ最中ですね。加西では走行できない日が続きそうですね。今週は、私は欠勤です。次回は・・未定です。明日、晴れたら息子とラジコンしようと思ってます。久々にタミヤを引っ張り出してメンテしました。晴れたらいいな。

では、また次回。良い週末を!

説明書を読んでみた(その3)



↑前回のレース後です。M井さんドライブのBK2

●恒例の(?)「説明書を読んでみた」の3回目です。今回はリアのアッパーアームです。

リア・キャンバー・リンク長
リア・キャンバー・リンク長は、別の役に立つ調整であるかもしれません。(←かなり直訳ですが、この後の文脈からニュアンスを汲み取ってみてください・・・。はっきり言って、あまり重要ではないみたいですが・・?)すべての路面コンディションにおいて、キャンバーリンクの長さがハンドリングに、それぞれがどのような効果を及ぼすかを総括的に正確に言い表すことは、不可能です。以下は、キャンバーリンクの長さがXXX-BK2のハンドリングにどのような影響を及ぼすかを、私たちの経験からもっとも典型的な傾向について表記したものです。(←少し意訳しました。)

長めのキャンバーリンク長は、通常、リアのトラクションを向上させます。長いキャンバーリンクでは、車はさらにスクエアに(丸く曲がらない、ということかな?)または、点と点のような(4駆のように、突っ込んでクルッと向きを変えるような感じでしょうか?)動きを始めます。この動きは、高速でのコーナリングを困難にします。

短めのキャンバーリンクは、シャシーロールが増加するために、結果的に、総じて車のリア側からのコーナリング性が向上します。これは素早く向きを変えることを可能にしますが、リンクが短すぎるとロールしすぎることになります。また、短いリンクは通常、長いリンクよりもギャップをうまく通過することが出来ます。

と、いうことでした。あまり神経質にいじる必要は無いみたいですね・・・。しかし、ハブ側の穴は内側に、ステー側を一番内側(キャンバーリンクは長い状態ですね)にしたところ、旋回性が良くなった気がしました。これは、それまでハブ側が外側だったのが影響していたのかも知れません。説明書では、それほど魅力的なセッティングポイントでは無いと書かれていますが、試してみれば、それなりに効果は歩きがします。ただ、一度決めたら(そのコースでは)頻繁に変えるべきトコロでは無さそうではありますが(^-^)

というわけで、また次回。どうやらこのコーナーは週刊になりそうです。では、また来週末!みなさん、良い週末を♪

加西ナウ!(0611加西公式第2戦編)その2



↑なんで、こうなるの!

■またまたリタイア連発!
かれこれ、ダブルエントリーもだいぶ慣れてきている、と自分では思ったりしていますが、かなり認識が甘いようですわ。2駆では、「わかっていたはず」なのに、またしても「プロポのバッテリー切れ」で、最後の一周でリタイア。先月とまったく同じ過ちを・・・(T-T)残念!しかも、自分なりにはそれなりにいいペースだっただけに、もったいないって感じでした。最終的に、この日は14周には入れずじまい。予選はBメイン6位(トータルで14位)でした。決勝も、結局順位はかわらず6位でフィニッシュ。まぁ、こんなもんですわ。

■4駆は、本当にドタバタで・・・
写真のローターは、予選2ヒート目(だったと思う)のスタート前の暖機運転(?)で動かなくなってリタイアしたXXX4を開けて見たら、ローターがエライ事になってました。なぜかニクロム線(?)が切れて、ローターの外周に貼り付いたようになってます。いったい、何が起こったのか?私の予想では・・・1)コミュが荒れ巻くって接触抵抗が増えた結果、コイルが加熱→2)ニクロム線がショックとかで、たまらず断線→3)回転で外に貼り付いた・・・っていうのは、どうなのかな?と、無理矢理に自分を納得させた、というか、別にどうでもいいんですが、結果として、まだフレッシュなこの10ターンローターがパーになって、予選の1回をパーにした、ということです。うむぅ~。残念。
で、4駆は結局予選Bメイン4位(総合12位)、決勝は例によってスタート直後の混戦を上手く抜けて2週目まではトップ。しかし、絶好調と思われたXXX4に、またもや異常が発生!どうやらワンウェイの調子が悪いらしく、ストレートで全開にすると、まっすぐに走りません!しかたなく、直線などを全開にせずに走行。少し他車と絡んだりしましたが、中盤以降は誰とも絡むことなく淡々と走ってフィニッシュ。大きなミス無く走れたのは確かですが、まさかの3位でゴールしていました。抑えた走りが出来たのが、逆に良かったのかも知れません。こんな事もあるんですね。練習あるのみ・・・。

■(ルノーではなく?!)Megane紛失!
すんません。オサーンですか?でも、ルノーメガーヌの綴りは、MEGANEですね。街で見かけたら、思わず「メガネ」と読んでしまいました(^ ^)ゴメンなさい!
これまた、シャツの胸ポケットに刺していたメガネが、なぜか無い!「この忙しいのに!」とイライラしていると、北井さんが「貸してあげましょう!」と、レンタルしてくれました。軽くて、よく見えました。ありがとうございました!おかげで4駆Bメイン決勝で自分なりにいいレースができました。次は、今よりも少しいいメガネを買おうかな。
あ、紛失したメガネは、コースで見つけました。2駆決勝のマーシャルをして走ったときに落としたようです。レンズには深い傷が2カ所も・・・(T_T)買い換えですね。これまた残念!でも、見つかって良かった・・・。周囲のみなさんには、大騒ぎしてすみませんでした。お騒がせしましたm(_ _)m

そんなこんなで、忙しいレースでしたが、曇りながら好天に恵まれて一日中、楽しめました。さらに、この日はレース後にハプニングもあり、非常に充実した一日でした・・・と、次回のネタふりをして、今夜はここまで。
う~ん、一気にアップしてやったゾ!って、文章量が多くてスミマセン。ここまで読んでくれたみなさん、ありがとうございました&次回もよろしくです!では、今週も残りの数日、頑張りましょう!!

時計を買いました



↑いろいろ悩んだあげく、これに決定!密かにサーキットデビューしていました

■以外と面倒です・・・
レースの日。ダブルエントリーなんてしたら、とにかく忙しくて携帯電話で時間の確認をするのも、サーキットでは面倒だったりします。とはいえ、腕時計が嫌いな私はそんなものは着けないし。で、最近はよく○○ヘルパーなるものを良く見かけます。「あれ、便利だな!」と思いながら、なかなか手が出ません・・・。ラジコン屋さんへあまり行かない私にとっては、身近に売ってるものでもないし。
と、思っていたら、ホームセンターにたくさんあるある!それも、いつも時間ぴったりな「電波時計」が!お値段もお手頃。温度計や湿度計も付いてる。しかもコンパクトなものもいっぱい・・・「これ、ええやん!」ってことで、物色開始。
で、悩んだあげく、湿度計は無くてもいいや、すっぱり切り捨てて、電波で、コンパクトで、カバー(ふた)が付いていて、温度計が付いているもの、ということで、セイコーの、これにしました。好きなんですよ、セイコー。対抗機種としては、カシオのソーラー付きもありました。そっちと「かな~り」悩んだんですが、なんとなくこっちに。
でも、気に入っています。加西でもしっかり電波をキャッチして、毎正時に時間を合わせていました。なんて便利な時代!秒までぴったりだと、なんとなく気持いいっていうと、ちょっと神経質っぽいかな?

価格も980円から揃う電波時計。安いタイプは、なんとなく動作が心配だったので敬遠しましたが、しっかりと時間を合わせてくれるのなら、価値はあると思います。みなさんも、ホームセンターに行かれたら、少し物色してみてはいかがでしょうか?見てるだけでもけっこう楽しいですよ。

では、また次回♪

確信犯?



↑どうやら、どこでも今日が発売日だったのかな?

品川の駅中で購入。ウタダの4年ぶりのアルバムですが、たしか14日が発売日だったはずだが??
ま、おかげで出張中に楽しみが出来ました。オサーンな私の旅の友は今風のiPodなどではなく、CDプレーヤーなので、デコード無しですぐに聞けるのですよ、わはは。

しかし、このCDはいいですね。完成度で言えばデビューアルバムのAUTOMATICに匹敵する感じです。どれもいいのですが、このアルバムは本当にいいですね。しばらく、自分の中でヘビーローテーション決定です。

明日はまだ出張です。どうにも忙しさは止まりません!充実しまくりですね・・・(^ ^;)明日も頑張るぞ!
では、また次回!ごきげんよう!

加西ナウ!(06/11公式第2戦編)その1



↑我ながら、ナイス・アイディアでした♪

■加西ナウ!(06/11 第2戦編)その1
前日の予報などで雨の可能性もありましたが、気温は27度あたりまで上がるほどのラジコン日和でした。路面は乾いていくものの、終日ホールショットM3路面だったようです。4駆決勝で履いた前後ホールショットM3は、この日一番の動きだった気がします。もともと、このセットで合わせたいたから、そのせいがあるかも知れませんけど。
成績的には、いつも通りの(?)2駆Bメイン6位、4駆は少し上出来のBメイン3位でした。私としては、どうやらワンウェイが不調でスロットルオンでまっすぐに走ってくれない症状に悩まされながら淡々と走っただけだったのですが、終わってみれば3位という順位には驚きました。次回は、このトラブルも解決しなければ。またお金がかかるなぁ・・・。
2駆は・・・精一杯やりましたが、ミスが多く14周には入れずじまい。走り以前に、しょうもないミスが多発で、今回もリタイア多数。こっちも、次回こそ克服したいところです。
詳細は、また後日に・・・。

■すだれ設置が楽チン&便利に!
チーム☆Dオリジナルアイテムの新製品、「すだれかけ」をリリースしました。これまでテントの柱などに掛ける際にタイラップで付けたりと、苦労をしていた経験はありませんか?それでも手放せない快適♪夏のアイテム、「すだれ」。その「取り付け」・「取り外し」、「時間経過に伴う取り付け位置の変更」が容易に出来るS字フックをリリース。サイズもぴったりコンパクト。強度も十分。計量で持ち運びも楽々。お求めはお近くのホームセンターなどで、どうぞ。
・・・って、冗談です。でも、本当に便利なので、おすすめです。ホームセンターで買いました。今年の夏は、これでキマリですね。

さぁ、またレースが終わりました。次回は7/9ですね。私は明日からまたまた出張で次回更新ができるのは恐らく木曜日以降です。では、また次回。今週も頑張りましょう!

今週はレース!



↑前回の加西でのピットです

■ようやく週末
忙しかったです・・・。時間が無い!と、真剣に思ってしまいますね。一日って、本当にあっという間です。とはいえ、今週は長かった・・・。久々にヘトヘト・レーシングでした。朝、鳴り続ける携帯のアラーム。スヌーズを何度も止める。でも、鳴る。寝ぼけたアタマで考える。
「あぁ、しんどいなぁ・・・ゆっくりと寝たいなぁ・・今週はあと、何日かな・・(じっと携帯の日付を見る)・・・・なんや、水曜日の朝か・・・まだ半分まで来てへんやんか・・・(ガックリ)」
しかし、ようやく週末になりました。ゆっくり寝ることが出来ます。とはいえ、土曜日も予定がたっぷり。やりたいことも山盛り。レースの用意もしてない。さて、どうするものか?

■加西公式第2戦
今度の日曜日は、加西公式第2戦です。前回は全日本2次予選前の気合いが入りまくったみなさんの勢いに押されて、ヘロヘロレーシングでした。といっても、いつも通りの走りなんですが、まわりとの温度差で、そう見えたのでしょうね・・・。私としては、まずまずのレースでした。さぁ、今度は、どうでしょう?前回よりも少しでもいい結果を残せるように、今回は「セッティング」をしました。ピットテーブルにバネが出ていることなんて、私の場合はほとんどありませんから(^ ^;)・・といっても、2駆の場合はめぐり巡って元のセットに戻ってしまったのですけど。しかしながらアッパーアームを変えたりもしたので、それなりに良くなったとは思うのですけど。

関東の全日本2次予選では2駆でロッシが勝ったみたいですね。4駆でも2位がロッシだったのを見て、正直、驚きました。本当にウマイ人って、いるんですね~。まったくレベルは違えど、同じロッシユーザーとしては嬉しいリザルトでした。少なくとも、今までよりも、もう少しだけクルマを信じて走れそうです。頑張ろう・・・。

さぁ、ワールドカップも始まりましたね。プロ野球すらまともに見る時間が無い私にとって、遠い惑星での出来事のようですが、なんだか世界中が盛り上がってる感じでイイですね♪では、良い週末を。また次回!

加西ナウ!(20060604編)その2



↑6/4の路面です

■ハイグリップ路面
ラインを外すと表面に砂がたくさん載っているので、そこから抜け出すためには、すごくタイムロスします。だから、なるべくライン上(砂が載っていないところ)を走らないといけません・・・。でも、本当に速い方々は、その狭いラインの中でも、どこをどう走ってどう加速(減速)すればいいか、またはどのタイミングでステアリングを切り始めてどこまでステアリングを切るか、そのスピードはどうだとか、本当に速い方々は極めていたりするそうですが・・・私にはさっぱりわかりません。とにかく、ミス無く走ることが、自分でいうところの「頑張って走る」ことでしょうか?!もちろん、緻密なイメージの中でのミスではなく、「ジャンプ台から落ちない」とか、「ツッコミ過ぎない」とか、その程度ですが。
(- -;)
ムツカシイデスネ、ラジコンハ。

明日は水曜日。レースまであと、4日です。頑張りましょう!
では、また次回!

加西ナウ!(20060604編)



↑全日本2次予選で変更されたレイアウトです

■加西は賑やかでした
今日は二次予選の翌週でしたが、来週に備えて多くのみなさんが来られていました。全部で10名以上。賑やかでした。私は家のことをいろいろと片づけてから、出発。所帯持ちの悲しいところです。10時20分頃に家を出て、お昼前に到着。すでにドクターやSHOさん、ふぃるさんらが来られてました。そのテントの一角に入らせていただき、今日も快適でした。天候は曇り。路面は乾いていて、ライン上は砂もなくハイグリップ。先週はもっとグリップしたそうですが。
まずは充電をしながらメンテを。2駆のリアダンパーピストンがオレンジだったので、前と同じ赤に。オイルは前後アソシの30番。リアのアッパーアームの取り付け位置を変更。ハブ側が外側だったために、内側に変更。この内容は説明書を見て、変更したくなり、変更。他は、慎重に車高を合わせてコースイン。バネはこれまで通り、前が緑、後ろが桃。タイヤは前がワイドボディー赤と、後ろがX2000赤。これでほぼ一日を走り込んでみました。最後の2パックのみ、前がエクストラワイド赤、後ろがハイデンシティーKでした。結果的に、リアのアッパーアーム位置変更はいい感じで、これでいくことに決定。なんで今まで外側にしてたのか・・・不明です。この後、バネをいろいろ変えてみたりしましたが、結局、緑と桃で落ち着きました、これはこれで、テストが出来て良かったです。
他にも、4駆もやりました。私的にはいい感じに仕上げることが出来たと思ってますが、きっと井の中の蛙で、本番はボロボロでしょう・・・。ま、それでも頑張って出ますけど。
そんなこんなで、今日は9バッテラでした。久しぶりに頑張ってみました。さぁ、来週はどうなるかな?まずは、メンテを頑張らなければ。今夜も少しやるつもりが、トリックを見てしまった(^ ^;)
次の土曜日に頑張らなければ。時間はありませんが・・・。

さぁ、また新しい一週間の始まりですね。今週も頑張っていきましょう!
では、また次回♪

説明書を読んでみた(その2)

今日は思いっきり、家族サービスしてきました。空港で飛行機を見て、その後は買い物。偶然にニンテンドーDSライトを見つけたので、姪っ子のバースデー用に購入。間に合って良かった~!その後も、ひたすら買い物、子供達と大騒ぎ。充実の一日でした。

さて、今回も前回の続きです。説明書を読んでみました・・・。



↑説明のため、LOSI XXX BK2の説明書(PDF)より抜粋しました

■リアハブ・キャンバー・ロケーション
リアハブ・キャンバー・ロケーションは、この説明書の中で記載されているセッティングの中で、最もセッティングに関連している箇所です。(すんません、このあたりの訳は自信がありません。原文はRear Hub Camber Location is best set according the settings described in this manual. です。普通、according にはasとか toが付くのですが・・?その他、おわかりになる方がいらっしゃったら、こっそり教えて下さい。よろしくお願いしますm(_ _)m)まず、ハブ上部の内側の穴(hole"A")からスタートしましょう。外側の穴は、クルマが少し固目のセットになる傾向があります。結果として、これらは加速時の直進性とジャンプへの進入がしやすくなります。内側の穴へ変更することは、一般的にバンプ(ギャップ)の通過性を良くするでしょう。内側の穴はまた、より曲がる傾向になります。しかしながら、この「曲がる」感覚は、リアエンド(リアまわり)の設定により起因するものです。つまり、クルマは多少、揺れる(ロールする)ようになるでしょうし、同時にスライド(横滑り)量が増えます。

・・・なんだか、わかったような、わからないような?結局、曲げたい時は内側に、直線でのふらつきなんかを抑えたい時には外側ってことでしょうか。以前、ダンパーステー側のボールスタッドが折れたときに、位置を変えたことがありますが、あまり違いがわかりませんでしたが・・・。私が鈍感なんでしょうね。実際は、微妙な味付けが可能なのでしょう。たぶん。「どうも、曲がらない!」という場合、試す価値があるかも?

次回は、リアのアッパーアーム長について、の予定です。恐らく、「加西ナウ」を挟みますが。明日は、加西ですので!では、よい週末を!

説明書を読んでみた(その1)



↑私は印刷して持ち運んでます

■今更ですが・・・
私のロッシは、事情によりすべて半完成品として手元に来ます。そのせいもあって、まともに説明書を読んだことがありません。しかし、しっかり読んでみると、けっこう興味深いことが書いてあるのに最近になってようやく気づきました。私を含め、まだまだビギナーなみなさんに送る、チームロッシのノウハウ集を時々(ネタが尽きそうになったときに?!)、書いていこうと思います。日本語にしてみると、英語のまま読むよりもアタマに入る気がするのは、私だけでしょうか?

以下はロッシXXX BK2の説明書(32ページ)からの抜粋(和訳)です。

■車高について
まずはリアから始めます。リアは、地面に対してドッグボーンが少し下がる程度に合わせます。フロントは、シャーシの底面が地面に対して平行になるようにセットします。時々、ステアリングの反応をクイックにするために、前の車高を上げたセットにしたくなるかも知れませんが、これは車体がひっくり返りやすくなるので注意が必要です。すべてのドライバーは感じ方が少しずつ違うので、好みの特性になるように少しずつ高さを変えて試しましょう。車高調整は実にマイナーな調整に過ぎないとわかります。この調整は他のすべてのセットをしきった、最後の調整のひとつにするべきです。バネレートの代わりとして、車高調整をしてはいけません。もしもあなたのクルマが、より柔らかい、または固いスプリングが必要な場合、バネを変えましょう。ただダンパーのナットを動かすだけでバネの固さを変えようとしないで下さい。(車高が変わっても)バネの固さは変わりませんから!

原文の通りに訳してみました。表現に違いがあるかもわかりませんが、内容は間違いないはずです。(でも、解釈を間違えていたらごめんなさい。)ここで私がへぇ~って思ったのは、前の車高を上げたら反応が良くなる(?)ってことです。下げた方が曲がりそうですが、そう言う意味ではないのかな?あと、同時に転びやすくなるとか。コロコロと転ぶときは、チェックしてみないと!そんな感じですね。

今後も、勝手に少しずつ更新していこうと思います。どこかの誰かの参考になれば嬉しいですけど。では、また次回!

P.S.今週末(日曜日)は加西です。楽しみです!

忙しいです

駐車違反には注意!取り締まりが強化されましたね~。あのおじさん達が酷い目に遭わないことを祈ります・・・。しかし、油断できなくなりましたね。これで、駐車場を経営されている方々はバブルスタート?もしくは、バスなどの公共交通機関が人気になるかも?それはそれで、いいことですよね?路面電車の復活とか、ありえるかも?ロンドンみたいな街も、素敵ですよね。さぁ、日本は、どっちへ向いていくのでしょうか?

・・・私は相変わらず、仕事がいっぱいです。しかし、これもラジコン資金への道だと思って、ひたすらガンバリマス・・・。おこづかいは増額されませんが(T-T)。さぁ、明日は金曜日。ラストスパート、頑張りましょう!

プロフィール

makoto

  • Author:makoto
  • ぼちぼち更新していきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。